ホームページやCGI作成に便利なツール:TeraPad

ホームページやCGIを作る上で、テキストエディタも欠かすことはできません。

ホームページを作る場合には、最初のうちは、ホームページビルダ等、市販のソフトウエアを使う方が多いと思いますが、そういうソフトウエアで作られるホームページ用データ(HTML)は、非常に無駄が多いものとなります。

無駄があっても正しく表示されることに違いはないのですが、SEO(検索エンジン最適化)の観点からみると、ホームページ用データ(HTML)はシンプルに作成しておくに越したことはありません。

こういう観点からすると、ホームページ用データを手で修正することが必要となってきます。

ホームページ用のデータは文字データ(テキストファイル)であることが普通なので、メモ帳・Wordpad等のWindows標準で入っているテキストエディタや、Word等のワープロソフトを使っても編集することができます。

でも、これらのソフトは、イマイチ使い勝手がよくありません。


そこで、おすすめするのがテキストエディタの「TeraPad」です。

これは、メモ帳の高機能版と考えてもらって間違いありません。

特に、ホームページやCGIを作る上で便利な機能は、「キーワードやタグの色を変えて表示してくれる」機能です。

この機能があると、ホームページを作成する際には「タグ」と「通常の文章」を違う色で表示してくれるので、見やすさが格段に向上します。

同様にCGIプログラムを編集する場合にも、通常のメモ帳よりも圧倒的に見やすく表示されます。

まだ、使っていない方は、ぜひお使いください。

TeraPadダウンロードはこちら

FTPソフト−FFFTP

FTPソフトは、CGIに限らずホームページを作るのに欠かせません。

FTPソフトとは、手元にあるコンピュータで作ったホームページのデータを、ホームページを公開するサーバに転送するソフトウエアのことを言います。


手元のコンピュータでいくら、ホームページ用データ(HTML等)を作ったとしても、それだけでは、一般の人が見ることはできません(逆に手元のコンピュータを覗かれたらいやですよね?)。

そのHTMLやCGI等で書かれたホームページ用のデータを、公開するサーバに転送する必要があります。

そのためのソフトウエアとして、一般的に使われるのが、FTPといわれるソフトウエアです。

実は、Windows標準でもFTPというソフトウエアが入っています。

ただ、これは、コマンドラインから起動するため、非常に使いづらいのです。

そこで、このFTPというソフトウエアを使いやすくしたソフトウエアが作られるようになりました。


今回紹介する、FFFTPというソフトウエアもそのひとつです。

FFFTPを使うと、マウスを使って直感的にファイルをホームページを公開するサーバに転送することができます。

しかも、無料で使うことができますので、今まで使ったことがない、という人は、ぜひ試してみてください。

FFFTP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。