アクセスログの解析方法

それでは、アクセス解析の結果がどのように表示されるかを見てみましょう。

アクセス解析の結果は、アクセス解析プログラム「accessanalyze.cgi」と同じフォルダの「accessanalyze.dat」というファイルの中に格納されています。

そこで、FFFTPを使って、まずは、手元のパソコンにそのファイルをダウンロードしてきましょう。

そして、その「accessanalyze.dat」をメモ帳またはTeraPad等のテキストエディタで開いてみてください。

すると、次のような文字が表示されるはずです。

1127995405,65.24.43.35,/article/11123366.html,http://XX.seesaa.net/
1127995467,232.115.193.248,/,http://XX.seesaa.net/article/11123366.html
・・・

このように「,」(カンマ)で区切られた4つの文字が出てきます。このそれぞれの列の意味ですが、左から順番に下記の内容を表しています。

  1. 時間(UNIXでの時刻の内部表現ですので、これだけでは何時何分何秒かはわかりません)
  2. アクセス元のIPアドレス(又はドメイン名)
  3. アクセス対象となったページのURL
  4. リンク元ページのURL

今回は、プログラムをできるだけ簡単にするために、余計な処理をすべてカットしてしまったため、特に時間などの表示は見づらくなっていますが、少なくともリンク元のデータがきちんと取得できるため、使ってみると、非常に快適に使うことができます。

ぜひ、ご活用ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。