.htaccessの設定

さて、繰り返しになりますが、今回ご紹介している方法は、「SSI(Server Side Include)」という仕組みを使っています。これを使うためには、通常の場合、ファイル名を「〜〜〜.html」ではなく「〜〜〜.shtml」というファイル名にする必要があります。

このページでは、特殊な設定をすることにより、普通のファイル名「〜〜〜.html」でSSIを使う方法を紹介していきます。

.htaccessが使用可能なサーバ

普通のファイル名「〜〜〜.html」でSSIを使うためには、「.htaccess」と呼ばれる特殊なファイルを使用します。

この「.htaccess」は、全てのサーバで使えるわけではありません。通常の場合、xrea・ロリポップ等の有料サービスでないと使うことができません。

ご自分がお使いのサーバで.htaccessを使うことができるかどうかは、サーバ管理者にご確認ください。

.htaccessの設置

インターネット公開用サーバのルートディレクトリ(自分が書き込める一番上位のフォルダのことをいいます)に「.htaccess」というファイル名で、下記の内容のファイルを作ることにより、普通のファイル名「〜〜〜.html」でSSIを使うことができるようになります。

Options +Includes
AddHandler server-parsed html

ただし、いくつかポイントがあります。

  1. ファイル名は「.htaccess」←(一番最初にドットが入っていますのでご注意ください)
  2. Windowsパソコンにおいては、一番最初にドットが入るファイルは作成できません。そのため、実際に作業する際には、一端「htaccess.txt」等といったファイル名でファイルを作成した後、FFFTPでファイルを転送する際に「名前を変えてアップロード」することにより、「.htaccess」という名前でアップロードするようにしてください。
  3. このファイルは、不具合が起きると最悪、そのドメインの全ページが見られなくなります。そのため、少しでも異常を感じた場合には、一旦、「.htaccess」ファイルを削除してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。