動的ページとは

動的ページとは読み込む度に、プログラムが介在して、違う内容のデータを出力するページのことをいいます。

一般的には、拡張子(ピリオド以下の文字)が「.cgi」とか「.php」といった形式のものが動的ページに位置づけられます。

また、広い意味では、「.shtml」というファイル(SSIを使ったページ)も、動的ページの一種に含められます。


これらのうち、「.cgi」とか「.php」といった拡張子のページはサーチエンジン対策(SEO)上は、好ましくないと言われています。

例えば、相互リンクをお願いするときに、相手のリンクページの拡張子が「.cgi」となっている場合、そのページのページランクは低い場合がほとんどで、SEO効果はほとんど得られないことが多いです。

そのため、このようなページに相互リンクを依頼するのは、やめておいたほうが無難です。


また、自分でサイトを構築する場合にも、極力、動的ページを作るのは避けましょう。

(または、テクニックを駆使して、動的ページでありながら静的ページに見せかけましょう)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。