JavaScriptを使ってCGIを起動する

CGIを起動させる方法として、3番目に挙げられるのが、JavaScriptを使ってCGIを起動する方法です。

例えば、某無料アクセス解析ツールを使おうとすると、次のような文字をHTMLファイルに貼り付けるように言われます。

<SCRIPT LANGUAGE="JAVASCRIPT"><!--
var ID="XXXXXXXXX";
var AD=0;
var FRAME=0;
// --></SCRIPT>
<SCRIPT LANGUAGE="JAVASCRIPT"
SRC="http://j1.ax.xrea.com/l.j?id=XXXXXXXXX"></SCRIPT>
<NOSCRIPT>
<A HREF="http://w1.ax.xrea.com/c.f?id=XXXXXXXXX" TARGET="_blank">
<IMG SRC="http://w1.ax.xrea.com/l.f?id=XXXXXXXXX&url=X" BORDER="0">
</A></NOSCRIPT>

これは、JavaScriptを呼び出しているのですが、実は、このJacaScriptから、CGIが呼び出されているのです。

JavaScriptを使ってCGIを呼び出す方法のメリットとしては、下記の点があります。

  • 設置が簡単
  • CGIを必ずしも、自分のサーバに設置する必要がない

一方で、JavaScriptを使ってCGIを呼び出すデメリットとしては、下記の点があります。

  • JavaScriptが使えないユーザが来ても、CGIが呼び出されない
  • あえて、JavaScriptを使わないように設定しているユーザが来ても、CGIが呼び出されない(全ユーザの10%程度が、このような設定をしていると言われています)
  • JavaScriptはプログラムが誰からでも見えてしまうので、この部分で重要な処理をしていると、簡単にマネされる
  • SEO的には全く効果がない

ちなみに、私は、よほど見たいページでない限り、JavaScriptを使わない設定にしています。

そういうユーザ相手に、JavaScriptを使った無料アクセス解析を仕込んでいると、動きが全然つかめない・・・、なんてことになってしまうわけですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。