パーミッションの自動設定(FFFTPを使う場合)

ところで、パーミッション(権限・属性)の設定ですが、FFFTPというソフトを使うと、簡単に設定できます。

FFFTPを起動した後に、上に並んでいるメニューから、

「オプション」→「環境設定」を選択します。

すると、新たなウィンドウが表示されるので、「転送3」タブを選びます。

この画面で「アップロードするファイルの属性」の設定をしておくことができます。

通常の場合「.」(ピリオド)の後に続く3文字で、ファイルの種類が分かりますので、その種類毎に、あらかじめアップロードするときのパーミッション(権限・属性)の設定をしておくと便利です。

私の場合、下記のような設定にしてあります。

  • .cgi:755
  • .pl :755
  • .pm :755

この設定をしておくことで、CGI設置における、パーミッション(権限・属性)の問題のほとんどは解決すると思います。


ついでに、パーミッションとは関係ないですが、「オプション」→「環境設定」の「転送1」タブから、これら3種類のファイルを「アスキーモードで転送」にしておくと、さらにトラブルは減りますよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。