CGIプログラムの設置

ついに、CGIプログラムを設置します。

基本的には、CGIプログラム配布元の説明に従い設置をすればいいのですが、ここでは、ほとんど全てのCGIプログラムに共通する注意点について書いておきます。

  1. CGIを配置するフォルダ
  2. CGIプログラムのパーミッションの指定
  3. CGIを配置するフォルダのパーミッションの指定

まずは、入手したCGIプログラムを、自分がホームページをFFFTP等のFTPソフトを使って、公開するサーバに転送します。

その際に、CGIプログラムを配置するフォルダには注意が必要です。

というのは、サーバによっては、/cgi-bin/ 等の特定のフォルダの下にCGIプログラムを配置しないといけない場合があるからです。


また、CGIを設置する際に一番ひっかかりやすいのが、CGIプログラムのパーミッション(権限)の設定です(詳しくは別ページで書きます)。

CGIプログラムについては、単に、サーバに転送するだけではなく、パーミッション(権限)の設定をする必要があります。具体的には「rwxr-xr-x(又は755)」というふうにパーミッション(権限)の指定をする必要があります。

FFFTPというソフトウエアを使う場合には、CGIプログラムを選んだ上で右クリックし「属性変更」を選び、右下の「現在の属性」という欄に「755」と指定する必要があります。


同様に、CGIを設置するフォルダのパーミッション(権限)の指定をする必要がある場合があります。

こちらも、CGIプログラム同様に、フォルダのパーミッションは「rwxr-xr-x(又は755)」という指定にしておく必要があります。設定の仕方はCGIプログラムに対するやり方と同様なので、ここでは省略したいと思います。


さあ、それでは、CGIを実際に使ってみましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。